鎌倉 鉢の木【和食】精進料理/会席料理【公式HP】

ENGLISH
夕刻営業は予約制です [ 0467-23-3723 ]

TOPICS » 厨房から

暑気払いの水無月

2020年7月10日

今日は、とっても久しぶりの旅行会社さんからのご予約。

3密対策をバッチリと行った日帰り観光旅行のお客様をお迎えしました。

こういったご予約のお客様をお迎えするも、実に1月ぶりとなります。

何か水菓子をお付けして・・というリクエストでしたので、
鉢の木風「水無月」をご用意させて頂きました。

皆さんは、「水無月」という和菓子をご存じですか?

京都など関西ではポピュラーなこのお菓子、
ういろうに小豆や甘納豆を乗せたもので、6月の末日に食べます。

この風習は、平安時代の宮中行事が始まりです。
旧暦の6月1日の「氷室の節句」には、
氷室(昔の冷凍庫ですね)から取り出した氷を食べて暑気払いをしたそうです。

それが庶民の間にも広まりますが、その昔、氷は高級品!!
とても手に入るものではありませんでした。
そこで、氷を真似て作ったのが「水無月」のはじまりです。
水無月の三角の形は、切り出した氷の形を模したものとされています。

当店では冷たく召し上がって頂く為に、寒天を使ってお仕立いたしました。
氷室から出したばかりの冷たい霜の付く様子は、氷餅を使いました。

氷餅は、お餅を水につけて寒気にさらし、
凍らせては溶かし、凍らせては溶かしを繰り返して乾燥させたものです。

半年間の汚れを祓い、無病息災を祈願する。
夏バテ予防と、暑気払いの意味を持つ水無月。

この時期にぴったりの和菓子です。
お越しの皆様の、これからの健康を祈念して・・。

さぁ、暑い夏を乗り切りましょう!

今回も、鈴木がお届けしました。

ちりめん山椒

2020年6月19日

ちりめん山椒の仕込み風景。
鉢の木の日常の一コマです。

火を入れるにつれ、青々としていた山椒は
褐色を帯びた緑色に変化していきます。

大鍋を振りながら、焦げ付かないように、
味が良く混ざるように、程よく水分が飛ぶように、
混ぜていきます。

全身を使って、大きく大きく混ぜます。

胡麻豆腐を練っていると時と、
このちりめん山椒を作っている時。
調理人は逞しい腕の筋肉と体幹を手に入れるのです。

海老芋蕪蒸し

2020年1月8日

海老芋蕪蒸し

海老芋の蕪蒸し。

ねっとりとした旨味をもつ海老芋は、冬に欠かせない食材。

精進料理の北鎌倉店では蕪蒸しにしてお出ししています。
ふわっとした蕪の下には、
ほっくりねっとりと炊かれた海老芋が隠れています。

どうぞ熱々をお召し上がり下さい。

会席コース 月

2019年8月7日

夏は何かとご親戚や久しぶりに会うご友人など
お集まりの機会が多いもの。
夜の宴席に鉢の木はいかがですか?

会席コース 月
  8,500円(税別)
 旬の鮎並や鮎など、夏の味覚をお楽しみ下さい。
 お食事は稲庭素麺でさっぱりと。
  ※仕入状況により献立が変更になる場合がございます。

ご予約はこちらより
 0467-23-3723
 受付時間 9:00〜17:00
お電話が繋がらない場合は下記フォームよりお問い合わせ下さい。
 http://www.hachinoki.co.jp/form/yoyaku/

2019年8月7日

夏の魚は数あれど・・・。
やっぱり鱧も一度は食べたいですよね。

丁寧に骨切りををした鱧を湯引きにして。
梅醤油でお召し上がり下さい。

鱧づくし会席にてご用意致します。

鮎の炭火焼き

2019年8月1日

鉢の木の夏の定番。
鮎の炭火焼き、今年もご用意しております。

よーく冷えたビールと熱々の鮎。
これで決まり!!ですね。

自慢の逸品

2019年6月25日

梅干しを漬けると嬉しい副産物が・・。
梅酢と赤紫蘇です。
今年の梅酢を使いまして、
さっと胡瓜、茄子、茗荷を漬けました。
瑞々しい柴漬けの出来上がりです。
当店の先代であり創業者の千葉ウメ直伝の自慢の逸品。
目まぐるしく変わりゆく世の中ですが、
先代の味を守っていく、守っていけるという事が和食料理店にとり
喜ばしくとても大切な事だと思います。
ご家庭だとお母さんの味、おばあちゃんの味ですね。
因みに、赤紫蘇は乾燥させて「ゆかり」になります。
折弁当などに使わせて頂きます。

梅仕事、第二弾

2019年6月24日

まるで宝石のような梅。
鉢の木の梅仕事、第二弾。
梅干しも順調に仕込まれています。
もう少しつけ込んだ後、土用干しを行っていきます。
この時期の梅干しは、完熟した梅の香りと果実の食感があり
実はとっても美味。
従業員みんなで少しづつ味見をしました。
すごくフルーティーで梅ってプラムの一種なんだよな〜と実感しました。
これを書いている今も、よだれが止まらない私です。