鎌倉 鉢の木【和食】精進料理/会席料理/カフェ

ENGLISH
夕刻営業は予約制です [ 0467-23-3723 ]

TOPICS » 和食あれこれ

鉢の木店主による和食あれこれ

茶道研修を行いました

2016年9月11日

重陽の節句を前に改めて所作の振り返りを含め研修を行いました

茶道は日本文化を体現的に学べる総合的で大切な文化
鉢の木では改めて、社員研修として講師を招き実施しました

立ち姿や姿勢から始まり
今見直されている日本文化の姿を体験する
良い機会となりました

5月は端午の節句と共に始まり・・・

2016年5月8日


柏餅に使われる柏の葉は、古来より神が宿る木とされています

神社で拝礼の祭に打つ柏手もここに由来するそうです
そして、柏の木は新芽が出ないと古い葉が落ちないため
縁起がよいこととされています

子共たちの成長を願うと共に、子孫繁栄をいのりつつ

食の立ち位置が見直されようとしています

2016年5月4日


文化としての「食」は、未だ我が国の法律の条文には記載が無く、
今「文化芸術振興基本法」への明記が検討されています。
国を挙げて食文化の振興を勧めているフランスでは、いち早く整備され
外交や貿易にも大きく貢献しているそうです。
この動きが農業・漁業を始め、日本の食を支える多くの方々に勇気と誇りを
もたらすことを期待します。

華道の展覧会が開催されました

2016年5月3日


新緑の小鳥のさえずりがあちこちで聞こえる中、北鎌倉の名刹円覚寺で
小原流の展覧会が開催され、多くの愛好家が訪れ、一時別世界へ誘われました。
生活文化として茶道・華道・書道が法律の条文にもうたわれており、
今までも、これからも新鮮な造形美を「道」として受け継がれて行く事でしょう。

常若の思想が軸にあるから

2016年4月26日


鎌倉の神社や仏閣は、常に整備され新鮮さが保たれています。
今年4月には、鶴岡八幡宮の段葛(お宮に続く参道)の大修繕が終わり、平成の姿になりました。
慣れ親しんだ姿を良しとする方も居ますが、新装なった段葛は
美しい姿で多くの方を迎えています。
建長寺は江戸時代には、慣用句として「建長寺のような」と
表現されていた様で、日々の掃除が行き届いていた様が想像されます。
鉢の木は、茶道を愛する方々にも多くご利用頂きますが、茶道では先ず手を清め
道具を清める所から全てが始まります。
衛生の観点からも大切な事ですが、日本の美しい作法、仕草の観点からも
次の世代に繋げたい事です。

歳があらたまる

2015年12月27日


古来よりけがれを除き新年を迎える事は
自然と共に生活してきた日本の大切な習慣です
この智恵に沿って、鉢の木でも正月の飾り物と
共に、水に係わる雨樋・手水鉢の青竹を新調します

温かい鎌倉でも、風物詩 銀杏の実が友人から届きました

2015年11月19日


建物を火災から守ると言われる銀杏の古木
鎌倉には、このような木があちこちに点在します。

雌の木には実が成りますが、このように綺麗な姿にするには
とても手間が掛かります。
梅の実位の銀杏の仁の部分を食用にしていることは余り
知られていないかも知れません。

【歳時記】新年を迎える準備が進んでいます

2014年12月27日

精進料理を提供する「鉢の木北鎌倉店」では
毎年年末の大掃除と共に、雨樋を新年に向け交換します。

「あらたまる」とは我々日本人にとって大切な考えです。
「生まれかわる」と共に、歳が変わり、万物が再生する
という意味もあり、江戸時代に完成されたと言われる
我々の美意識の原点でもあるでしょう。

けがれを洗い流し、佳き歳をお祈りします。