鎌倉 鉢の木【和食】精進料理/会席料理【公式HP】

ENGLISH
夕刻営業は予約制です [ 0467-23-3723 ]

TOPICS » 厨房から » 鉢の木の料理 »

鉢の木レシピ ゴーヤの和え物

2020年08月07日

ブログ担当の鈴木です!

こんにちは。
いよいよ梅雨明けしまして、鎌倉は連日快晴の良い天気が続いています。

今年は、ステイホームで家庭菜園をされている方が多いようですね。

当店でも今年から家庭菜園を始めたスタッフが多く、
胡瓜の育ち具合や、バジルの生育状況、
ししとうの収穫状況などの情報交換が交わされております。

みんな凄く楽しそうに話しているのですが、鈴木は何も育てていないので、
なかなか会話の輪には入っていけません(笑)

グリーンカーテンも兼ねて、ゴーヤを育ててみたという方もいらっしゃるのでは??

お天気が良くなると、途端にゴーヤが豊作になってまいります。
食べるのが追いつかない!なんて話も良く耳にします。

今回は、そんなゴーヤの大量消費レシピをご紹介したいと思います。

【ゴーヤと海苔の和え物】

材料
・ゴーヤ
・海苔
・塩
・醤油
・胡麻油

1.ゴーヤを丸のまま、魚焼きグリルに入れ強火で炙ります。
 焦げないように注意して下さいね。
 表面だけ炙って、中まで火を通さないのがポイント。
2.粗熱がとれたら、縦半分に切り、ワタを取り除き、薄切りにしていきます。
 苦めが好きな方は厚めの薄切りに、苦手な方はできるだけ薄く!
3.薄切りにしたゴーヤをザルに入れ、熱湯をかけます。
4.ゴーヤが冷めたらぎゅっと絞り、ボールに移します。
5.醤油、胡麻油を入れ、ちぎった海苔を和えれば完成です!!
 お好みでお塩で味を調えて下さい。

実はこちらのお料理、夏の北鎌倉店(精進料理)の定番メニューのひとつ。
お客様からよくレシピの問合せを頂いていたお料理になります。

シンプルな材料なのに、お箸がとまらない美味しさです。
胡麻油の風味が、ご飯にも、お酒のおつまみにもピッタリです!!

卸し生姜を少し入れても、とっても美味しいです。
また、胡麻油をラー油に変えてみたり、海苔を桜海老に変えるのもオススメ。

基本のレシピを覚えてしまえば、色々アレンジができるゴーヤの和え物。
ぜひお試し下さい。

現在お休みを頂いております精進料理の北鎌倉店。
もうすぐ再開時期のお知らせが出来そうです。
今しばらくお待ち下さいませ。